ディズニーホテルは値下がりすることもある話

こんばんはー。皆さま、大型連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。

ディズニーリゾートは例年にない大混雑であったようでございますね。

連休とはまったく関係ないですが、今日はディズニーホテルの宿泊料金についてのお話です。

値上がりだけじゃなくて値下がりもある??

ディズニーホテルの宿泊料金は現在、変動制を採用しており、繁忙期は高くて閑散期は安く(といっても庶民には十分高いですけれども)、また、予約状況(残室状況)によっても値段が変わることがある、とされています。

つまり、宿泊日が近づいてもお部屋が売れ残っている場合、宿泊料金が安くなることがある、ということですねー。

稼働率の高いディズニーホテルでそんなこと実際にあるの?と疑いたくなるところですが、先日、実際に安くなっていることを目撃しました。特にアンバサダーホテルは注意が必要と思われます。

証拠のスクリーンショットはないのですが、それはアンバサダーホテルのミニーマウスルームで起こりました。

4月にお泊りディズニーを計画していて、出来ればミニーマウスルームに泊まりたいなあともじもじ毎日空室状況を確認していたところ、2019年4月20日の宿泊料金が、当初86,500円だったものが2週間前くらいになったら79,000円になっているのを見つけました。

そもそも、今回の場合、常にミニーマウスルームに空室があったわけでもなく、満室だったり空室ありだったりを繰り返していた中での値下がりだったので、少し驚きました。

結局、我が家にはそれでも高いので、さらにもじもじしている間に満室となってジ・エンドでございましたが、ここでわたくしが申し上げたいのは、「もし、自分が当初価格の86,500円で予約していた場合」のことなのです。

5ヶ月前にはりきって予約したのはいいが、その後に(もし)お部屋が値下がりしていたら悔しい!!

宿泊当日まで、自分が泊まるお部屋の値段はチェックしたほうがいいかもです(特にアンバサダー!!ミラコスタはしなくていいと思うけれども)!

‥ということで、ディズニーホテルは予約した後も油断は禁物です、というお話でございました。

ディズニーホテルだけじゃないことも。

ちなみにですが、このようなことはディズニーホテル以外の巷のホテルでも起こっているようです。

わたしが知らなかっただけで常識なのかもしれませんが、去年の年末に、これまたディズニー関連で近くのホテルを予約していたのですが、宿泊3日前くらいに、ふと宿泊サイトで再度料金を確認してみたところ、値段が下がっていたことがありました。

同じ宿泊サイトで全く同じプランで、しかも差額もわりと大きかったため、とても驚きました。(そしてもちろん予約し直しました。まだキャンセル料が発生しないタイミングであったため)

むむー。どんな時も、ホテル予約は油断禁物なのであります!

どんな時に注意が必要か?

ディズニーホテル(アンバサダー、ディズニーランドホテル ※ミラコスタは除外してよさそう)に限って言えば、平日や閑散期は、予約した後も注意していた方がいいのかもしれません。

以前、変動制が始まったばかりの2017年の平日(9月か11月)に予約した時も、チップとデールルーム(アンバサダーホテル)、スーペリアルーム(ランドホテル)で予約時より値下がりていたことがありました。

その時は、キャンセル→改めて予約し直しました。

2週間前からかかるキャンセル料が心配というケースもあると思いますが、ディズニーホテル間のお部屋変更のみならば、キャンセル料は発生しません。

同じルームタイプでは変更は出来なさそうなので、1回別のお部屋をかませばいいと思います。

(チーデールーム→スタンダードルームへ変更、スタンダードルーム→チーデールームへ変更、みたいに。)

ただでさえ高額なディズニーホテルなので、少しでも安く泊まれるチャンスを逃さないように!

一丸となって頑張ってまいりましょう!!オー!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする