ハロウィンお泊りディズニー2019_その③「不思議の国のアリス」ルーム(外壁工事対象部屋)

今回のお泊りディズニーでは、東京ディズニーランドホテル キャラクタールームの「外壁工事対象部屋」を予約していました。

窓にフィルムが貼られていて外が見えないのと、音や匂いがあるかもしれないけれどもそれでよければ少しお得な料金で泊まれますよ!というお部屋でございます。

公式サイトでのご案内はこちら

美女と野獣ルームとシンデレラルームは泊ったことがあるので、不思議の国のアリスルームに入ってみたいなあと思っておりましたところ、ラッキーなことに、まさにそのお部屋を割り当てていただきました!ワーイ

ということで、お部屋の様子をご案内したいと思います。

※ちなみに、美女と野獣ルームに泊まった時のブログはこちらです↓

おはようございます 去年(2017年)のイースターインでは、ディズニーランドホテルの美女と野獣ルームに宿泊しました...

宿泊料金について

外壁工事対象部屋の割引率がどれくらいなのか、あまりよく分かっていませんが、金曜日の宿泊で、アルコーヴ付きのお部屋が55,300円でした。

ちなみに、2017年5月の木曜日に、美女と野獣ルームに泊まった際には、工事とかはなくて、55,400円でした。

木曜日と金曜日の値段はもちろんだいぶ違うと思いますが、美女と野獣ルームの間取りの方がずっと広かったので、2年前のお値段であるとはいえ、破格のお値段で!ということもないのかしら?というのが正直な感想でございます。

ちらっと調べてみたところ、同じ金曜日の10月11日だと、ティンカーベルルームが75,900円だったで、それでも2万円くらい安かったようです。

通常の宿泊料金が高すぎるのでは(悲)!

お部屋のようす

では!お部屋の内装をご案内したいと思います♪

我が家が泊まったのは、「ツインベッド&トランドルベッド&アルコーヴベッド」のお部屋です。

ベッドは、赤の女王をイメージしたデザインになっています。

ベッドの間にあるテーブル

窓際のテーブルセット

スタンドライトはマッドハッターの帽子のかたちです。

テレビ台?は白うさぎをイメージ

洗面所です。アメニティは普通のお部屋と同じものです。

おトイレとお風呂の扉は、双子キャラ(ティードルディーとティードルダム)と思われます(同じに見えるため、片方しか撮りませんでした‥)。お話の中でどんな役割だったか全然思い出せないよう。

ちなみにお風呂の丸窓は、チェシャ猫でした。写真だと光って見えなくなってしまうため、撮っていません‥。

こちら↓は、アルコーヴベッドの壁紙です。アリスのデフォルメ具合がすごくてのけぞりました。なんだかイメージとちょっと違うけど、この絵の感じはキャラクターを主張していなくてよいです。

ポットのところの絵2枚です。ここでもアリスがあまり可愛くなくてざんねん。ここはかわいいのにしてほしいところですなー

白うさぎはアリスのキャラクターの中でいちばん好きです。

写真でずっと眺めていたお部屋に泊まれたのはうれしかったのですが、自分の好みは、美女と野獣ルームやシンデレラルームだなあということも実感しました。

でも、こんなにたくさんの派手な色が使われているのに、そんなにどぎつく感じないのはさすがのセンスと思います。

外壁工事の音や匂いについて

匂いは全くノンスメルでございましたが、音はしました。でも、それも、夕方17頃に、外を誰かが歩いているなー?くらいで、夜寝る時には静かでした。

ただ、窓にフィルムが貼られていて外の様子が全く分からないため、翌日の朝、雨が降っているかどうかの確認はできません。(窓は開閉も不可です)

それ以外は全く普通のお部屋と同じと思っていいのではないかな。

おまけ プリチェックインは絶対16時半からしか入れません!

実は今回、プリチェックインをしていたため、お部屋は16時半からの入室となりますと言われていたのですが、早めにホテルに戻って来てしまったため、本当に入れないのか、テストしてみましたの。

結果は、やっぱり16時半より前には入れませんでした‥(鍵が効かない)。

ロビーで時間をつぶしてから、16時半ちょうどに再度鍵をかざしたら入れました!

ということで、もし、わたしたちのように、ダメもとで試してみよう!と思われるかもしれない方のために情報共有でございました。

アリスのお部屋は、思っていたほどの感動感激が降り注ぐということでもなかったのですが、ディズニーランドホテル自体は、泊まるたびにその便利さと内装の素晴らしさに感動します。

ロビーの吹き抜けは何度見てもじーんとしますし、ランドから歩いてすぐ戻れる立地のよさはほんとうに助かります!

次は、スタンダード・コーナールームに泊まってみたいです。いつも高いお部屋だから、我が家はにはなかなか難しそうですが‥。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする