【映画レビュー】ファントム・スレッド 知らないうちに絡みつく愛の糸

ファントム・スレッド

“Phantom Thread”(2017)

監督;ポール・トーマス・アンダーソン

出演;ダニエル・デイ・ルイス、ヴィッキー・クリープス、レスリー・マンヴィル


自分は「Phantom」という単語に弱いのと、ダニエル・デイ・ルイスの引退作ということで、鑑賞してまいりました。

オートクチュールの世界を舞台にした、仕立て屋とそのミューズ(ウェイトレス出身)のお話、となっていますが、当初の構想では、特に仕立て屋である必要はなかったそうです。

でも、クリエイターがいいなあと思って、なんとなく仕立て屋にした結果、すごく苦労した、と、監督のインタビューで読みました。

そのお話からも分かるように、この作品の肝要な部分は、華やかなオートクチュールの世界を描くことではなく、そのうつくしさは、むしろ、人間という生物の暗い部分を覆い隠す役割を担っているようにも思えます。

自分で作った要塞の中でもがき始める男

ダニエル・デイ・ルイス演じる仕立て屋のウッドコックは、オートクチュール界に君臨する屈指のデザイナーであるわけなのですが、これぞ芸術家、といわんばかりの気難しさです。

ある日、朝食に立ち寄ったレストランで出会ったウェイトレスのアルマを夕食に誘い、そのまま自宅に連れ込んで(!)、採寸を始めます。

ウッドコックのお姉さんで、アトリエの共同経営者であるシリルによると、アルマはウッドコックにとって「完璧な身体つき」なのだそうで、あれよという間に、アルマは、彼の”ミューズ”として共に暮らすように。

”ミューズ”とはいえ、ウッドコックはアルマのことを女性として見てはいない・・、というか、もっと悪くて、単なる「愛人兼仕事道具」のような感じ。

彼が必要な時におとなしくその場にいればよく、後は、空気のように、音をたてず、彼の仕事の邪魔をしないことが求められるのでした。

この話を複雑にしているのは、ウッドコックが、壮年期を過ぎて、なんとなく死の気配を感じているようなところです。

大きな成功を手にしながらも、自分の人生はこれでよかったのか、と自問し始める時期と、アルマとの出会いが、同じタイミングだったようでした。

アルマは、ウッドコックのミューズとして自分の身を捧げるだけでなく、彼のデザインするドレスも愛し、彼自身のことも愛するようになります。

アルマが、ウッドコックのドレスはそれにふさわしい人間が身にまとうべきだと考える一方で、どんな時も彼の支えだった姉のシリルは、アトリエの経営という視点を常に持ち、そのためなら意に染まない仕事も引き受けるべき、という態度を崩しません。

アルマの情熱をうっとうしく感じながらも、時にはあまりにも冷徹な姉に苛立ち、揺れるウッドコックさんは、これまでの人生全てを使って築き上げてきた名声の象徴である、最も愛すべきはずの真っ白なアトリエの中で、どこか息詰まるようになっていくのでした。

愛とは。

こういう作品を観ると、「結局、愛って何なんだろう。」というそもそも論が頭をもたげてきて、途方に暮れます。

読んだことはありませんが(エヘ)、「春琴抄」系統なのかなと、想像するものです。

アルマは、若さ特有の情熱だけでなく、真実にウッドコックを愛しているのか、逆もまたそうなのか?

「”愛している”という思い込みも”愛”だ」と言われれば確かにそうでしょうし、愛の形は様々なので、横からくちばしを挟むことではないが、この2人のは、少し歪んでいます。

別に、愛とは必ずしもうつくしいものではなく、独占欲や保身が含まれているからといって、それが愛ではないということにはならないんですよ、という、どこか落ち着かない気持ちになる事実を、再認識させられたたように感じました。

ラストが少しユーモアまじりなので、そこまで深刻に受け止めることでもないのかもしれないですが・・。

或いは、天才肌の芸術家も、所詮は人間なのだ、ということをシニカルに描いた作品なのかもしれません。

衣装について

作中で、ウッドコック氏が「”シック”ってなんだ!そんなの知らんわ!!」みたいにキレるシーンがあるのですが、そうやって言われると、わたしも”シック”の定義が分かりません。

上述のセリフから、ウッドコック氏のドレスは”シック”ではない、ということなんだろうとは思いますが、‥そうなの? シックだと言われればそうと思ってしまうような気もします。

ファッションって難しい。

作中のウッドコック氏のデザインの中でいちばん好きなのは、アルマが写真撮影のシーンで着用している、薄いパープルのドレスです。

全体的に、デザイン自体はシンプルに見えるけれど、細部の裁断とかが凝っていて、ラインの美しさを重視している、という感じ。

ドレスの色も、単純な色はなくて、深い色やニュアンスを感じるカラーと、アトリエ内装の白の取り合わせがどんな場面でも上品で、映像はいつでもきれいでした。

その整然さと、2人のどこか歪んだ愛は奇妙にバランスがとれていて、その絶妙なバランス感覚が本当に不思議でした。

稀有な作品であることは間違いないですが、入り込めるかそうでないかは、個人の嗜好で分かれそうです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする