小菅製パンさんのワケあり販売で買った食パンで一斤グラタンを作りました。

おはようございます

だんなさんの転勤による転居で、7月から千葉県柏市に住まいが変わりました。

地元大好き人間なので、この引っ越しにたいへん(×50)落ち込んでおりましたが、いつまでもぷつぷつ文句ばかり言っていても全く生産的でなく、精神衛生にもよくないので、こちらにいる間はできるだけ楽しく過ごそうと努めております。

ネクラな前置きが長くなりましたが、この場所ならではのことはないかしらとネット検索した結果、テレビでも放送されるくらい有名な「工場直売 ワケあり販売」が近所で実施されていることを知りました。

おお!ワケあり販売・・(キラリ)。いつも「P.S.ゴールド」(東海ローカル)で東海地方のワケあり販売を見て、いつか行ってみたいものだと憧れておりました。

地元だと重い腰が上がらないのに、出先だとすぐに出かけていけるのはどんな理由に拠るものでしょう。とにかく早速、その週の土曜日に行って来ました!

行先は、「小菅製パン」さんです!

当日は台風12号が関東を直撃する日で臨時休業!でも・・

いつものようにGoogle先生に導かれ、開店の9時ちょうどに工場には到着したのですが、何故か人がまばらです。まばらというより、店員さんらしき人が1人、ぽつんと立っているのみ。

だんなさんに「本当にここなのかい?」と疑われながらも、通りを挟んだ所に駐車場があるのを発見。車を止めて、道路を渡りました。

店員さんによると、この日は台風12号のため、臨時休業にしたそうです。

でも、それを知らずに来た人たちのため、少量限定で販売してくださっていたのでした。

売っていたのは、

  • 段ボールいっぱいの菓子パン 1,000円
  • ロールパンたくさんと食パンの袋詰め 200円
  • ながーい食パン 100円

写真がなくてごめんなさい。チキンなので、店員さんに訊く勇気がありませんでした・・

菓子パンは、甘い系もお総菜系も入っていてなかなかよさげだったのですが、さすがに段ボールいっぱいは買えないし、1,000円という値段もちょっと・・。

200円の袋詰めは、食パンは冷凍するとしても、ロールパンはぱっと見10個以上は入っていて、ちゃんと食べられるか不安でためらっていたところ、だんなさんの

「せっかく来たのだし、100円の食パンを買おう」

というツルの一声で、ながーい食パンを買いましたよ。これぞ工場直売!という感じですね♪

店員さんによると、普段は150円のところ、台風割引で100円にしてくださったそうです。

小菅製パンさんは、学校給食のパンを供給されているということで、「給食サイズ」の食パンでした。普通の食パン1斤×3個分くらいの大きさです。

小学生の頃、給食当番で、茶色い箱に入っているパンを2人がかりで運んだり、食パンをトングで配膳したりしたことを思い出すなあ。

一斤食パンといえば、憧れのアレを作ろう!!

さて、食パンの大きさにびびり続けるわけにもまいりませんので、翌日の朝ご飯は、憧れの「食パン一斤グラタン」を作ることにしました。

参考にしたのは、kurashiru [クラシル] さんのレシピ!かんたん!!すばらしい!

エリンギはなかったので、まいたけを代わりに入れて、味の調整でコンソメキューブを1/2個追加しました。

今の賃貸はキッチンスペースの都合上、トースターを置いていないので、オーブン(シャープのヘルシオ)で200℃15分加熱しました。

焦げ目がつかない・・

しかーし、ヘルシーなヘルシオだからか、全然焦げ目がつきません。

そこで、230℃を5分追加してみたのですが、やっぱりダメでした。

仕方なく、今日のところは焦げ目なしで食べることに。

自分としては、パンからグラタンがあふれ出る勢いでぐつぐつしている出来上がりを想定していたので、ずいぶん残念なことになってしまいました・・。

そもそも、焦げ目以前に、「あふれ出る勢い」にはグラタンの量が足りておりませぬ。

もう少し薄く切るのがよかったみたいですねー。テヘ

味は、まあまあでした。テレビでこういうのを食べてる人たちみたいに「わあ!あちち!でもウマイ!」とかなることもなく、「フーン。おいしいね」みたいなテンション。

でも、小菅製パンさんの食パンはおいしかったです!100円で買えるのはとってもお得ですね!その心意気を尊敬して、きちんと使い切りたいと思います。(とりあえず小分け冷凍します!)

焦げ目をつけるためにはどうしたらよいか?

ここからは反省会です。

今回、クラシルさんやネット情報を参考に「200℃15分」で焼いてみましたが、電気オーブンは、メーカーごとや、個体でもそれぞれ違うので、巷のレシピとメーカー付属のレシピを参考に自分で試行錯誤するしかないという話をよく聞きます。

それにしても、今回の焦げ目のつかなさ具合はなかなかのものではないですか?
温度や時間設定の問題だけではないとみた。

ということで、遅ればせながらヘルシオのクックブックを確認したところ、グラタンは「グリル」で作ることになっています。しかも23分。

ふむ?では、「オーブン」と「グリル」の違いは何なのでしょう。

ネット情報によりますと、一般的に、

  • オーブン;庫内の温度を一定にして、全体を包み込むように加熱する。ケーキやクッキーなど、こんがり焦げ目をつけないとか、ローストビーフなどの中心まで熱を届けたい料理をしたい場合に適している。
  • グリル;設定温度はなく、上から高温で焼く感じ。ステーキとかチーズなどに使われる。一方で、全体を均一に焼き上げたい時には不向き。

つまり要するに、焦げ目をつけたい時は、グリルを使うのがよさそうです。

そうなんだー。

「オーブン」は何でもオッケーくらいに思っていましたが、それぞれの特徴があるのですね。

しかも、ヘルシオはどちらかというと「ヘルシーなお料理」向けの電気オーブンで、特にウォーターオーブンが得意なので、「普通の」オーブンはあまり得意分野ではないのかもしれません。

ヘルシオ自体も「グラタンはグリルで」と言っているので、次回はグリルでリベンジしたいと思います。

2週連続だとキツいので、再来週にチャレンジします!続報をご期待くださいませー

【反省事項】

  • パンは、もう少し薄めに切る
  • オーブンで焼くときは、グリル機能を使ってみる。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする