ジョジョの奇妙な冒険 荒木飛呂彦原画展 東京キービジュアルぽいネイル

おはようございます

またしてもネイルをさぼっておりました。

最近、爪の乾燥がすごくて(夏なのに!)、素の爪を眺めていると、自分の爪ながら、かさかさすぎて怖くなります。

パラフィンパックとかしたらいいのかしら?

とか呟くのみで、今日もその上にマニキュアを大量に塗ってしまう自分なのでした‥。

ジョジョの東京キービジュアルを見て、この色を塗りたい!と思いました

今週は「ジョジョの奇妙な冒険」の作者・荒木飛呂彦氏の原画展に行く予定をしております。

わくわくしながら何度も何度もいつまでもHPを眺めているうちに、今回の色が塗りたくなりました!

今回の原画展は東京/大阪開催で、それぞれにキービジュアルがあるのですが、その東京の方の背景色です。

でも、自分ではぴんときたつもりでも、実際に見比べてみると全然違いました‥

人間の視覚がいかにアテにならないかがよく分かりますねー(エ?わたしがいい加減なだけ?)

もしよろしければ、本物(こちら)をご覧になって、「違うな。」と思っていただければ。

荒木先生やジョジョの関係者の皆さま、勝手なイメージで勝手なことを言っていてごめんなさい

ピンクコーラルと濃い水色は合う。

この原画の色は本当にきれいな色ですね。

きれいすぎて、少年漫画の色合いの範疇を超えているように思いますし、絵のうつくしさも相まって、もう芸術の領域ですわー。

大阪キービジュアルの朱色もきれい。それぞれ、承太郎さんとディオ・ブランドーのキャラクターをよく表している色使いだと思います。

本当にうっとりしちゃう。

では、話を爪に戻しますー。

わたしの使用した色はピンク寄りのコーラルなのですが、こういう色と濃い水色の組み合わせはもともと好きで、去年の夏ディズニーの時は、同じ色とターコイズを合わせていました。

ターコイズその他のストーン部分は、ネイルシールです。部品数が多いですが、シールだったので、意外と長持ちしました(1週間、全部品がとれなかった)。

実際の絵に近づけるためには、もっとピンクじゃないといかんですね。

今度、もっと濃いピンクを探してみよう。

使用したもの

キャンメイクは既に廃番のようですが、使用したマニキュアはこちら。

  • オルビス ネイルケアプロテクター(ベースコート)
  • キャンメイク カラフルネイルズ46
  • パラドゥ グロッシージェルトップコートN

キャンメイクの46番を3度塗りしています。ボトルよりも濃い発色で、シアー感の度合いも気に入っている色です。essieのshop til i dropの濃いバージョンといった感じかしら。

フリーエッジもほぼ消せるので、ピンクコーラルをシアーにべた塗りしたい時はこの色がマイベストです。(shop til i dropはグラデーション向き)

定期的にやってみたくなるグラデーションネイル。 いろんなサイトで、スポンジで簡単にできますよ!とご紹介されていて、トライしてみたことも...

ちなみに、そろそろ、ベースコートを買い直そうと思っていたら、なんとオルビスのネイルケアプロテクターも廃番になっていました。

マニキュアの世界は回転が早くてついていけませんなー

最後に。

今回は、あまり計画性なく塗り始めたので、甘皮のケアとかもイマイチでした。

そろそろネイルサロンで一度ケアしてもらわなくては。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする