【お部屋&館内編】箱根芦ノ湖 はなをり(後編)

こんにちは。ゴールデンウィークにお泊りした箱根芦ノ湖の「はなをり」さん、今日はお部屋と館内のようす(一部)について書いていきたいと思いまーす。

夕食ビュッフェのデザートについてはこちら↓の記事をどうぞ!

こんにちは。 ゴールデンウィークの初日、2日目は箱根温泉へ行っておりました。 今日は1日目のお宿、「はなをり」さ...

館内のようす

「はなをり」さんはオープンしてまだ1年ということもあってか、どこも新しくて清潔感に溢れたお宿です。

館内の色合いやインテリアは、「ナチュラルボタニカルモダン(和)」とでもいいましょうか、内装や家具は無印良品ぽくメープルな色で統一されていて、「はなをり」というお名前だけに、ところどころにお花のモチーフがありました。

写真は、食事処がある階の、エレベーターホールの絵です。他にも、このような絵がところどころに配置されていました。

窓にもお花のモチーフが。(到着時に大雨が降っていた時の写真のため、外が暗いです‥)

さて、「はなをり」さんと言えばよく出てくるのが、この水盤の写真ですが、実際に見てみると、思っていたよりも奥行きがなくて、こぢんまりとしていました。

(写真は屋内から見たようすです。)

水面にぽつんぽつんと置かれているのは、ゴールデンウィーク限定というアーテフィシャルフラワー(造花)でございます。

なんとなくですが、お花はない方がいいかなーと思いました。ホホ。

この水盤は右の方にも続いていて、その右側エリアは足湯となっていました。我々は、タイミングがつかめず、入らなかったのですが、気持ちよさそうでした。足湯っていいですよねー♪
タオルもその場に完備されていて、思い立ったらすぐに入れるのです!

他にも、大浴場を出たところの休憩エリアに、無印良品ぽいのれんを発見しました!
藍色ののれん、色といい素材といい、いいですわー。
この中には、温泉入浴後の必須アイテム、瓶入りコーヒー牛乳の自動販売機がありましたよ!

ちなみに、お風呂に設置されているドライヤーは、なんと「ダイソン」でした。仕切られた個別スペースも10個くらいあって、その全てにダイソンとパナソニックのナノスチーマーが設置されていました。スゴイ!

しかも、なんと、ナノスチーマーはお部屋にもありましたのだ!!いそいそと使ってみて、やっぱりスチーマーっていいなあと思いました‥。家だと面倒で使わなくなっちゃうんだけど‥。

ダイソンのドライヤーはすぐ乾くといいますが、わたしは髪が短いせいか、家のパナソニックのドライヤーとの違いはあまり感じられませんでした‥。ざんねん。

お部屋のようす

続きましてお部屋のようすです!

我々が泊ったのは湖畔側和洋室でございます(露天風呂なし)。

露天風呂がついているお部屋もありますが、主に予算上の都合と、お部屋の露天風呂は温泉ではないという理由で、なしのお部屋になりましたの。

入り口を入ってお部屋を見たようすはこんな感じです↓

窓際の寛ぎスペースがいい感じでした。

翌日に泊まったお宿はこういう「ぺたっと座れる」エリアがなかったこともあり(一番お安いお部屋にしたからだけど‥)、余計に、はなをりさんのこのスペースはよかったなあとしみじみしたのでした。

カーテンは、今流行り(?)の、レースカーテンを内側にするタイプでした。レースカーテンが手前だと、後ろのカーテンを引いた時にレースの柄が映えてオサレな感じになるのです。いつか我が家もやってみたい。

ベッドの寝心地もよく、ぐっすりでした。

到着時は大雨でしたが、その後すぐに晴れてくれたので、日が落ちる前にバルコニーから青空の景色を眺めることができました。

右の方に見えるのが、有名な芦ノ湖の遊覧船だと思います。

アメニティは、DHCでした。メーカーがはっきりしていると、自分は使えるかどうかが自信を持って判断できるので、いいですよね!

最後に、お部屋の表札(と呼んでいいのか分からないけど)です。

こちらも、植物モチーフできれいでした。

まとめ

「はなをり」さんは、館内全体の内装やコンセプトに統一感があり、女性目線のご飯や設備、アメニティへも気遣いもあって、新しく建てられた旅館ならではの居心地のよさを感じました。

繁忙期を避ければ、箱根の中ではリーズナブルなお宿に入ると思うので、いつかまたわたしたちも泊まりに来たいです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする