TDSパイレーツ・サマーバトル「ゲット・ウェット!」ちょうどよく濡れたい時の場所取りはどうする?

こんにちは

7月15(日)、16(祝)の2日間、姉とそのお子さま(めいちゃんとおいくん)と一緒にディズニーリゾートへ行って来ました!

混雑実績によると、14日~16日の3日間では、中日の15日がいちばん混雑していたようです。

混雑ランキングの上から3番め「混雑_慣れてないと辛い」レベルでした。

16日は下から3番め「空いている」レベル。

混雑予想によると、8月になると、どの日でも全て「混雑_慣れてないと辛い」以上のレベルになるようです!

夏ディズニーを比較的ラクに楽しみたいのなら、7月中が狙い目かも!

ということで、4月レポもまだ途中ではございますが、今日はディズニーシー夏の人気イベント「ゲット・ウェット!」の場所取りについて、今回経験したことを書きたいと思います。

少しでも、これから行かれる方の参考になれば幸いでございます。

※しかしながら、全てはあくまで個人的な感想です。参考程度に留めていただき、実際に行かれる際は、自己責任にてお願いいたします。

どれくらい濡れるの?着替えは必要?

びしょ濡れになるよ、と、ことあるごとに脅される(?)「ゲット・ウェット!」ですが、実際はどれくらい濡れるのでしょうか。

着替えが必要レベル?カメラは使えるの?など、行く前は準備にいろいろ悩ましいです。

結論から申し上げますと、「濡れ具合は場所によって違う」ことになります。当然ですが・・

加熱する一方の場所取りを防ぐため、「ゲット・ウェット!」では、初回を除いて抽選制を採用しています。

この抽選に当たると入ることができる「抽選エリア」の中心地では、頭の先からつま先まではもちろん、下着も濡れます。バケツとホースで、前から後ろから大量の水が襲ってくるのですー

ピーカンに晴れた日なら、速乾性の服を着ていれば、タオルで拭く程度で服はすぐ乾きますが、下着はどうなんでしょ・・。

抽選に当たった時に備えて、下着の替えくらいは持って行った方がいいかもです。

しかし、いちばん気をつけるべきなのは、荷物です。特に、スマホやカメラが水没したら一大事ですよね!必ず、自分のカバンが入る大きさのごみ袋(普通のビニール袋でも可)を2枚、持って行ってくようにしてくださいませ。

そして、イベント中は、荷物をごみ袋で2重梱包するようにしましょう。

1日目の場所取り リドアイル半円エリアの最後端

中には、「びしょ濡れはいやだけど、少しくらいなら濡れてもいいから、イベントの雰囲気を味わいたいなー」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かく言うわたしがそうでした。

でも、去年は、曇り空の下、バケーションパッケージエリアでびしょ濡れになって寒い思いをしたので、今年は晴れた日に正しく楽しみたい!

という思いもあり、今回、初日は抽選エリアのない初回に場所取りをしました。

確保した場所はこちら↓!

引用元;公式HP パイレーツ・サマーバトル ”ゲット・ウェット!”

リドアイルの半円状エリア=いちばん水がかかる赤色エリアの端で、真後ろは黄緑エリア、という場所です。

小学6年生以下の子がいないと入れない、「ファミリーエリア」でした。

赤色なので、びしょ濡れを覚悟していたのですが、この場所は最初、拍子抜けするくらい水が飛んできませんでした。

多分、赤色エリアでも、端の方だと風向きにかなり影響されるのではと推定いたします。

ショーが進むうちに、それなりに水がかかるようになりましたが、「びしょ濡れ」までではないかなあという感じでした。

感じ方には個人差があるので、一概には言えませんけれども。

しかしながら、それくらいがわたしにはちょうどよかったです。キャーキャー言いながら水をよけるのが楽しかった(そのせいで、ショーに集中できませんでしたが・・)

具体的には、かっぱを巻いていたスカートは無傷で、上半身は髪の毛を含めてかなり濡れましたが、Tシャツが絞れるくらいとかまでではありませんでしたので、着替えずにそのままの格好で問題なく過ごせました。

(すごく暑い日で汗の量も大量だったので、正直、服が湿っているのが、かぶった水のせいなのか自分の汗なのか判別がつかなかった・・)

あと、足元も濡れたので、靴下を脱いでビーチサンダルに替えていたのはよかったです。

この場所はショーもよく見えたので、小学生のお子さんがいらっしゃるご家族にはちょうどいいと思います。

狙い目は抽選のない初回ですね!

2日目の場所取り ミッキー広場の外側

2日目は朝食時間が初回の時間にかぶっていたので、2回目に場所取りをしました。

前日の場所は抽選エリアで、抽選は当然のように外れましたので(・・)、少しさまよった結果、こちら↓に場所取りをしました。

引用元;公式HP パイレーツ・サマーバトル ”ゲット・ウェット!”

写真でもご覧ください。

海賊さんたちが動き回るミッキー広場との間に植え込みがあるので、そんなに濡れないかなーという印象でした。

しかも、最前列ではなく、3列目くらいで、かつ、最後列だったんです。

なので、荷物もそのままでいいくらいかしら?と思っていたのですが、周りの人がビニールに入れていたので、念のために包みました。

ところが!意外なことに、この場所でもわりと水が飛んできました。

最後列で後ろに人がいなかったので、水が飛んできそうだとワーキャー言いながらよけまくっていたのですが、それでも前半身(特に下半身)はびしょびしょで、スカートが絞れるくらいに。裏地までびっしょりでした・・。

それでも、背中は濡れなかったし、逃げ回っていたので、髪の毛と顔は比較的濡れずに済みました。

スカートと裏地も、乾きやすい生地だったのか、ショーの後、レイジングスピリッツまで歩いたら、着く頃には乾いていましたよ!

ちょうどよく濡れるにはなかなかおススメの場所ですが、水を警戒してショーが見れないのがたまにきずだったかなー。せっかくバルボッサとジャックをわりと近くに見られたのに、水をかけてくる海賊さんたちの動きばかりに注意がいっていて、すっかり彼ら二人を見逃してしまいました・・

ショー自体はそこまで見やすい場所ではないので、お子さまには特に注意です。

我々は、前日にリドアイルでショーを見れていたので、お子さまたちには濡れることに集中していただきました。テヘ

場所取りの時間など、その他注意点

両日とも、1時間前くらいに場所取りしました。

2日目は少しさまよった時間をマイナスして、45分前くらいだったかもしれませんが、この日はパークが比較的空いていたようなので、遅くとも1時間前くらいには動き出さないと、ちょっとも濡れない場所しか取れないかもしれません。

また、その他注意事項としては、ショーの前半にそこまで水が飛んでこないからといって、油断してはいけません。後半に水量がアップしますので、後半の方が濡れます。

自分がどれくらい濡れたいのかを考えつつ、マイペースで楽しめるといいですね!

※いろいろ書きましたが、全て、あくまで個人的な感想です。実際の混雑具合や天候、風向きに大いに影響される事柄ですので、記載内容は参考程度に留めていただきますよう、お願い申し上げます。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする