おうちチーズダッカルビに挑戦!

JUGEMテーマ:おうちごはん

おはようございます
先週末は、家でチーズダッカルビに挑戦してみました。
しかしながら、製作に必死すぎて、「そのもの」の写真しか撮っていないという事態に。
いつも以上に味気ない写真ばかりでスミマセン

レシピはいつものようにクックパッド先生頼みなのです!

Cpicon ホットプレート☆チーズタッカルビ by 渡部アキ

鶏肉に使ったコチュジャンとキムチはこちら
李錦記シリーズは、豆板醤と共に愛用させていただいております。
「ご飯がススム」キムチはちょうどよく辛くて甘みもある、日本人向けのキムチですね
このキムチ以外は辛くて食べられないため、我が家はもっぱらこのシリーズでございます。
私は、”にせ”キムチ好きなのでございます。
鶏肉はもも肉一枚分にしたので、ウィンナーひと袋分を追加しました。
野菜は、もやしひと袋をプラス。
BRUNOのホットプレートにごま油をひいて野菜を炒めて、少しくったりしたところで、調味液につけていた鶏肉とウィンナーを追加。
その時はこんな感じ。
蓋をして10分待ち、チーズを追加して、また蓋をして2分くらい。
チーズが溶けていい感じになりました!
ちなみに、チーズの分量はレシピに書いていなかったので、目分量で入れていましたが、家族の人が「もっともっと」と言うにつれてどんどん山盛りになり、250g入りのピザ用チーズをほとんど入れてしまいました。
200gくらい入れちゃったのかなあ・・(罪悪感)
でも、そのおかげで、最後まで野菜やお肉にチーズを絡めながら食べることができました。
つまり、チーズの量は200gくらいがちょうどいい量のようです。
甘辛のお肉や野菜にチーズがまろやかしょっぱくて美味しい~♪
他にはグリーンサラダを用意しましたが(写真なし)、甘辛のチーズダッカルビに飽きた時、口内の味の調整に重宝い
たしました。
デザートはいちごで少しさっぱり。
初めてのチーズダッカルビは、とても美味しかったですが、食べているうちに少しくどくなってきてしまいました。
今度作る時は、量をもっと少なめにして、他にもさっぱりおかずを食べるようにしたいと思います!
<おまけ>
今日はお酒に合うメニューだったので、私もチューハイをいただきました。
「旅する氷結」シリーズのヨーグルモサワーは、ヨーグルト&もものネーミングもかわいくておすすめです。
特に甘い系のお酒が好きな方、ぜひぜひお試しください♪
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする