ボルドーフレンチで季節を意識してみたネイル

連続投稿です。今度は今週のネイル!

10月になったので、秋っぽく、ボルドーのフレンチネイルにしてみました。

本当は、先日買ったテラコッタレッドをワンカラーで塗りたかったのですが、濃い色のべた塗りをする勇気が出ませんでしたの。

他の人が濃い色のワンカラーをしていても全然気にならないし、ステキだなあと思うのに、自分がやるとすごく人の目が気になるのです。「なにアノ人。爪こわくね? それに、(顔は地味なのに)爪だけ派手で変よ。」と思われていそうな気がするのです。

まったく自意識過剰で困るのです。

話を元に戻しますと、このフレンチはいちばんカンタンな、マスキングテープを使用したパターンで、直線フレンチにしております。

フレンチラインをラメでふちどりしてもよかったのですが、そうすると少し派手になってしまうので、ポイントでブリオンを乗せるだけに留めました。

中指だけ、フレンチを深くしてブリオンの数を増やしています。すぐにブリオンが取れてきそうではありますが、なかなか上手に均等に乗せられたので、お気に入りポイントです。

親指にはストーンを乗せました。相変わらず写真が下手で上手に撮れていませんが‥

右手はこんな感じ↓

右手は、薬指のフレンチを深くしてストーンを乗せました。乗せ方は、左手の親指とまったく同じ配置です。

最近は、ぶつけた時の爪への衝撃を減らすために、爪の形を出来るだけスクエアにしております。

スクエアだと、直線フレンチが合うような気がしてうれしい。

使ったカラー

今回からベースコートとトップコートを一新いたしました。

左から、

  • ZOYA anchor basecoat
  • essie pink glove service (545)
  • キャンメイク カラフルネイルズ 93(廃番)
  • キャンメイク ジェルボリュームトップコート

安定の安心カラー・pink glove serviceをベースに一度塗りで、よく乾いてからマスキングテープを爪に平行に貼り、キャンメイクのボルドーカラーをひと塗りしております。

マスキングテープを使用する場合、ひと塗りでしっかり発色するカラーを使うのがよいです。2度塗りすると、マスキングテープのみぞからはみ出してしまうリスクがあるため、2度塗りしたい場合は、テープをはがしてから、1度目のラインに沿ってそーっとなぞるくらいがよさそうです。

ZOYAのベースコートは爪に優しいという評判なので、買ってみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ZOYA ゾーヤ アンカーベースコート (15ml) Anchor Base Coat
価格:1350円(税込、送料無料) (2018/10/1時点)

楽天で購入

キャンメイクのトップコートは、ジェル風をうたっていますが、わりとさらっとしています。

パラドゥに比べて、ぷっくり感が少なくて、ブリオンも取れてきそう。

しかも、ブリオンをたくさん爪に付けていると、髪を洗う時にひっかかるのが悩みどころです。

もっとトップコートをぷくぷくと重ねればいいのかもしれませんが、あんまりたくさん重ねるのも何だか爪に申し訳がなくて、気が咎めるのでした。ここまで毎週マニキュアを塗っておいて、そこでためらうのかという感じではありますが。

さて、来週こそは、テラコッタレッドかマスタードイエローで「くすみネイル」にトライしてみたいと思っておりまする!オー。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする