玉ねぎのみじん切りを大きく切っていたことに気付いた週末


先週末、なんとなく、NHKの「助けて!きわめびと」を見ていました。
視聴者(主に女性)のお悩みを、その道の達人が解決する、という内容の番組です。
その週のテーマは包丁で、「みじん切りが上手にできない」というお悩みも紹介されていました。
私自身は問題なくできている、と思いながら見ていたのですが、テレビを見ていてビックリ!
プロの人のアドバイスを受けて完成したみじん切りが、すごく細かいんです。
私のみじん切りは、どちらかと言うと、お悩みさんのビフォー状態に近かった・・
でも、自分では特に問題ナシと思っていたのでした。
我ながら恐ろしいほど自分勝手な自己肯定能力であります。
というわけで、今度からはみじん切りを出来るだけ細かく切ろう、と決心した次第です。

さて、そんな「出来るだけ細かい」みじん切りで出来たご飯がこちら。
モモお母さんのレシピ本より、「でっかいミートボールシチュー」です。
ミートボールのサイズが大きいので、インパクトもボリュームもある豪華なご飯に!
モモお母さん、さすがですわー
ミートボールの直径は、4㎝サイズがイメージなのだそうです。
ご自分でも書かれていますが、モモお母さんのレシピは、調味料の種類が多くしてあるので、味に奥行きがあります。
味に奥行きってエラそうに書きながらよく分かっていませんが、とにかく、単調な味ではないですの。
レシピは下記です。
トマトケチャップも入れるんだなあと感心しました。
【トマトシチュー】
・トマト水煮缶 ・・ 1缶
・水      ・・ 200ml
・コンソメ顆粒 ・・ 大さじ1
・ウスターソース・・ 大さじ2
・ケチャップ  ・・ 大さじ1/2
・白ワイン   ・・ 大さじ2
・ローリエ   ・・ 1枚
※私はトマトの酸味を抑えるために、砂糖を大さじ2/3くらいプラスしています。

 トマトソースのレシピで、酸っぱいと思ったときは、とにかく砂糖を入れております。
【ミートボール(10個分)】
・合挽ひき肉  ・・ 300g
・玉ねぎ    ・・ 1/2個
・パン粉    ・・ 大さじ4
・卵      ・・ 1個
・牛乳     ・・ 大さじ2
・塩      ・・ 小さじ1/2
・こしょう   ・・ 少々
トマトシチューの具はお好みで、玉ねぎやピーマン、パプリカ、きのこ類でOKです!
まず、鍋にサラダ油を熱してにんにくを炒め、さらに具の野菜を炒めます。
その中にトマトシチューの材料を入れて煮立ったら、小麦粉でコーティングしたミートボールをひとつずつそーっと入れます。
ミートボールは大きくてシチューの表面から飛び出してしまうので、火が通るように、そーっとひっくり返しながら、20分程煮たら出来上がりです。
ミートボールは小麦粉でコーティングしておくと、型崩れせず、スープにもほどよいとろみをつけてくれるとのこと!
とても美味しいので、ぜひぜひお試しくださいませ。
​モモお母さんのレシピ本には、他にも作りやすくて美味しいレシピがたくさんです!
サラダは、またまた出ましたポテトサラダ、今回は枝豆&ベーコンです。
デザートはいちご、パンは超熟のイングリッシュマフィンをトーストしました。
昨日は、これまたよく作る「鶏肉とさつま芋炒め」。
さつま芋の甘さと、たれの甘じょっぱさがマッチして、ご飯がすすむおかずです!
マヨネーズがポイントと思われますが、フライパンへ入れる前に調味料をよく混ぜておかないと、マヨネーズが分離したままになってしまうので注意!
私のような出来上がりになってしまいます・・。
今度から気を付けよう。
そして、ここでも気付いたのですが、わたしの「大葉の千切り」は太い!!
今度からは、もっと細く切りましょう。
あとは、かにかまときゅうりの胡麻マヨネーズ和え・キムチ冷奴・大根とわかめとえのきだけのお味噌汁です。
胡麻マヨネーズ和えには、だし醤油をちょこっとだけ入れてます。隠し味のつもり。テヘペロ。
冷奴にのせたかつおぶしは、ほとんど使いきった状態の大袋から無理やり使ったので、またしても木くずがかかっているような見た目に・・。
今日こそ買ってこなくては!!
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする