日立のタテ型洗濯乾燥機BW-DV100B 購入その後&ほぼ100均の洗面所収納について

こんにちは

引っ越し前、日立のタテ型洗濯乾燥機BW-DV100Bを買ったはいいけれど、事前調査不足もあって少し後悔しているというお話を書いておりました。

こんにちは。 このブログでも、引っ越すことについて多少ふれていましたが、主人の転勤で、7月から千葉県に住むことになりました。 (...

今日は、実際に使ってみてどうだったのか?ということと、それだけだとすぐに終わってしまうので、ついでに、引っ越し先での洗面所収納を公開してみます。

(収納をブログ公開するやつ、やってみたかったの)

結論;乾燥機能はつけてよかった!

こちらが我が家のBW-DV100Bさんです。

タテ型なので、賃貸でも余裕で入りました。横手方向にかなり余裕があったので、プラ製のチェストを置きました(左端にちらっと写っているもの)。

容量はやっぱり選択ミスでした

今回、新しい洗濯機を購入して心配していたのは下記2点です。

  • 乾燥機能は必要か?(本当に乾くのか)
  • 容量(10kg)が大きすぎるのでは?

2番目はまさにその通りで、2人暮らしの我が家に10kgは大きいです。

「毛布を2枚同時に洗う時にイイかも!」

と自分の判断ミスをなぐさめていましたが、10kgでも9kgでも8kgでも洗える毛布は1枚でしたよ(12kgなら2枚洗える)。ふふふふふ・・

さらに、10kgだと本体カラーがシャンパンゴールドのみですが、9kgや8kgはホワイトの設定があります。

「白物家電の色は白でしょ」

が信条のわたしには、やっぱり8kgくらいを買っておくのがベストであったと、今でも悔やまれます。

乾燥機能は?

では、乾燥機能はどうだったのか?といいますと、こちらはつけておいてよかったという結論に。

引っ越し先の賃貸では軒先屋根がほとんどなくて、少しでも雨が疑われる日は部屋干しにしないといけません。

でも、部屋干しすると、なんだか今までより乾きがいまいちに思える。

やっぱり、賃貸だから、建物の構造上、あまり通気がよくないのかもしれないですねー。

そんなわけで、洗濯機の乾燥機能でタオルや靴下、下着とかだけでも乾かせるのはうれしいです。

特に冬は重宝しそう!

また、本当に乾くのか?という心配ですが、本当に乾きました。あつあつに仕上がっているので、殺菌とかもしてくれてそうです。

日立の乾燥は匂う、みたいな意見をちらっとネットで見たのですが、そんなこともないです。

最初の数回は、確かに、機械っぽい匂いがするなあ、と感じましたが、5回めくらいからはちゃんと柔軟剤の香りがしましたよ!

洗面所収納を公開!

現在の住まいは、キッチンはふつうの賃貸レベルの広さ(つまり狭い)ですが、洗面所は広くて収納スペースも充実しています!

全体像はこんな感じ

洗濯機の上方スペースに棚が2つあるのと、洗濯機の奥に天井までの収納棚が設置されています。

しかも、扉つきなので、閉めればスッキリ(写真は閉めた状態です)。

また、洗濯機の横スペースがかなり余ったので、自分でも棚を持ちこみました(写真手前)。

この中には、洗剤や化粧品、掃除用品のストックをしまっています。

収納棚の扉を開けるとこんな感じ!

今どきの100均はダサくない!&ラベリングばんざい

引っ越して来てから2週間くらいは毎日のように100均へ収納グッズを買いに通う日々でした・・。この中も100均で買ったものがほとんどです。

この3段は全部100均の収納ケースです!

上の1段はダイソー、下の2段はセリアで買いました(同じ形の色違い)。

特に、セリアの収納ケースが形(流線形のとってがスタイリッシュ)も色(北欧系の水色)もお気に入りです。

本当は、白一色とかにするのが統一感が出ていいのでしょうが、どうしてもそういうことが出来ないわたし・・。

ラベルはブラザー製のピータッチ(PT-100シリーズ)で作成しています。
(※後継機種はPT-J100シリーズ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラザー ピータッチ ラベルライター ピンク PT-J100P 目安在庫=○
価格:3358円(税込、送料無料) (2018/8/5時点)

ブラザー製ラベルライターは、最近はPT-300BT(P-TOUCH CUBE)が人気のようですねー

ラベルは、作る時の手間はかかります。

でも、このように同じ形のボックスを並べた場合、何を入れているか暗記しているつもりでも、とっさには思い出せなくて、他のボックスをひっぱったりしてしまうことがよくあります。

(アラフォーで記憶力が衰えてきているからか?)

その点、ラベルしておくと一目瞭然なので、日々のプチストレスがなくなりました。

とても小さなことですが、その小さなことがスムーズにいくだけで、なんだか爽快な気持ちになれて、他のことに対するやる気が少し上がる気がします。単純なワタシ。

手前の白い棚にもいつかはラベリングしたいと考えております。

(今はテキトウにしまっているだけなので、ラベル名を決められずに放置状態。テヘ)

洗濯もの干しグッズの収納に悩んでいます。

現在、下の方はこんな風に収納しています。

ハンガーを入れているファイルケースも100均で買いました。多分ダイソーかな?

洗剤を入れているトレイはセリアです。1枚前の写真に多用しているボックスと同シリーズのもの。

(このシリーズは、他にもいろんな形がありました。)

洗剤は頻繁に使うので、取り出しやすいように背の低いトレイを使っています。

その下の洗濯カゴはニトリでセールになっていたもの(400円くらいだったかな?)

白→下着、タオル系、青→洋服系、を入れるルールにしております。

ちなみに、2つとも白にしようとしたところ、だんなさんの

「色が違う方が分かりやすいのでは」

という意見を尊重して、色分けしました。

イヤ、でも、よく考えたら、それくらいはカゴの左右位置で覚えられますよね?

実際に、引っ越し前の家では、同じ色のカゴで何の問題もなく運用できていました。

色を変えたがる性質は、夫婦で同じみたいです・・

さて、ここの箇所では、

  • ハンガーをもう少し取り出しやすくしたい
  • 洗濯干しピンチを上手にしまいたい

という悩みがございます。

「洗濯干しピンチ」とは、最下段左手前に置いてある洗濯干しグッズのことですが(名称が分からない)、床に直置きしているので、ホコリの付着が少し気になるような。

収納アイデアの天啓がおりてくるのを待っている状態デス。(おりてこないと思うけど)

※奥に置いてあるタオル干しは、フェイスタオルを干す時にとても便利で愛用していたのですが、今の住まいでは、物干し竿と窓の距離が近過ぎて使えず。安置してあるのみです・・

洗剤を入れ替えなくてもよかった話

ちなみに、今回、収納ブログをいろいろ拝見する中で、洗剤や柔軟剤の入れ物を統一するのがオサレ!マストだわ!と思い、詰め替え用ボトルを買ってみたのですが、よく考えたら、我が家では扉を閉めて隠すことができるので、必要ありませんでした・・。

メーカーの入れ物のままの方が計量もやり易いから、無駄づかいだったと後悔しておりまする。

計量はやりにくい(こぼれる)ですが、デザインはかわいくてお気に入りです。off&onというお店で300円くらいでした。

まとめ

今回、引っ越しにより収納スペースが少なくなったことで、収納の仕方でもっと家事をやりやすくできないかな、と、改めて考えることができたのはよかったです。

ネットの世界には素晴らしい収納アイデアがあふれているので、これからも、ステキブロガーさんのブログを参考にさせていただきながら、改善を重ねていきたいです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする